HOMEへ戻る

2019年10月01日

食欲が止まらない…秋^_^


D5DAA2F6-F077-4FAE-914D-43263C610E06.jpeg
“ Wreath of SOUP / はなてる暦 ”


若い頃は夏の終わりに
蝉の声がまだらになり
お風呂上がりにふと
肌寒く感じたりすると…
心に一足早く秋風が吹いて、
無性寂しく切なくなったのを覚えています。
秋生まれなのになぁ〜私^_^

心の感度が緩やかになったのか
はたまた、襞が増したのかは
よく分かりませんが、

秋や冬がどんどん好きになっていて、
歳を重ねるのも悪くないもんやなぁ〜
なんて感じながら過ごしています。

食欲の秋
芸術の秋
読書の秋

皆様も豊かな佳き秋を
お過ごしくださいね♬


posted by hanateru*はなてる at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 書画 にっき

2019年09月27日

“ 湘南スタイルmagazin ” にご紹介頂いて♬


F57F3DF2-80F7-4AAB-BC7D-0ECD5D8189E3.jpeg

“ 湘南スタイルmagazin 2019/No.79 11” に
初めて取材して頂きました〜
何とも光栄なことです〜感謝!!

2B74B1C4-96C9-4B09-AF1C-79A67FDB6808.jpeg

逗子に移り住み、早11年…
思い返すと沢山のあたたかいご縁に恵まれ、
窓に描くユニークなお仕事をはじめ、
壁画や書画ロゴなど様々なお仕事を通して
成長させて貰い今があります。
はぁ〜感慨深い… じ〜ん♡♡♡

いくつになってもゆるゆるモードではありますが、
折り重なった情熱と、心と体をフル稼働させて、
創作活動をしてゆきますので、
これからもよろしくお願いします♬

声を掛けて下さった宮部誠二郎さん、
ライターの中村早希さん、
本当に有難うございましたm(_ _)m
posted by hanateru*はなてる at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | MEDIA

2019年09月05日

虫の音が心地好い長月の夜


CFC08C58-F034-42A6-A4BE-72D451AE6574.jpeg
はなてる暦2019/長月

・・・

蝉の声もまばらになり
しっとりと秋めいてきました

シャンシャン
リンリン
ピッピッピッ

虫の音は暗闇に波紋を描き
心をやさしく撫でてゆきます

この秋はあたらしい物語が
生み出せるといいな♬


posted by hanateru*はなてる at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 書画 にっき

2019年08月03日

クジラが歌う夏^_^


EBB79DDB-6E7F-47ED-8DFB-89C7608FE7D4.jpeg
drawing by hanateru “ はなてる暦/クジラの歌 ”

長い梅雨が明け、スカッと晴れ渡り
待ちに待った季節の到来!!
空を眺め楽しんでいたのも束の間…
この連日の茹だるような暑さに
一気にぐったり、、しかも腰痛に。

ただ家事と絵を描いて暮らしてるだけなのに
活発な小学生の如く髪も服も汗で濡らし、
ひーひぃーうぅ〜うぅ〜唸りながら
過ごしています(>.<)"

暑い
あづい
あぢぃ〜

でも、救いの神もいて
朝夕に時々聴こえてくるヒグラシの聲。
あの澄み渡るような涼やかな響きには
魔法のような力が宿っていて、
心身の疲れを洗い流してるくれます♬
あの心地好さは、何なんだろうな〜♡

………

自作の暦の画を眺めていたら、
小笠原のクジラにも久々に
会いに行きたくなってきた。

ふらりと旅に出ようかな^_^

posted by hanateru*はなてる at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 書画 にっき

2019年07月28日

折鶴香 - oridurukou - に祈りをこめて


7F8D42EA-A013-40BA-88A4-34446B4AD061.jpeg
折鶴香 - oridurukou -

世界中から長崎県の原爆資料館に届く
千羽鶴が、アートという翼を持ち
お線香に生まれ変わりました。

「 祈りの千羽鶴 → 灰 → お線香 」

この美しい祈りの循環を生む
ideaとdesign

企画をされた現代美術家の松尾栄太郎氏と
デザインをされたイドキトモヒト氏の
光に満ちた想いと感性に感動しきりなのです。

そして、心の奥底をすっと包み
清めて貰えるような素晴らしい企画に
ロゴで携われたことを大変光栄に思います。
ありがとうございました!

鶴の翼をイメージして書いていますよ^_^

先日、販売もスタートしましたので
皆様どうぞよろしくお願いします。

・・・

企画/現代美術家 松尾栄太郎
デザイン/イドキトモヒト
https://orizurukoh.jp
https://orizuru-project.stores.jp/
https://a-taro.art/

posted by hanateru*はなてる at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事・作品

2019年07月09日

笙-umi-くん、この世界へようこそ^_^


大切な友人の出産祝いに
葉山の作家仲間のShort fingerさんに
オーダーしていた手編みのニット帽と
ベビーの名を書で認めて贈る♬

2C83EA3B-6F8B-4182-898B-7C57D06E9A7C.jpeg
笙 − うみ −

しなやかで逞しく
静寂の中に響き渡る
音色を感じる美しい名

歌い手であり母である友人の
溢れんばかりの感性と奥深さ...
芯のある生き様を感じる名だ

そして、気持ちを書で表せることは
何て幸せなことなんだろう...と
改めてそう深く感じた

DB3E7EA3-15F6-40DE-BFBC-63FF25E6BFAB.jpeg

笙くんが、海のように壮大で
変化に満ちた豊かな人生を
力強く歩んでゆけますように
posted by hanateru*はなてる at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 書画 にっき

2019年07月05日

夏の気配...



065BA3B8-1459-436B-BFA8-60264537C425.jpeg

街中に色とりどりの紫陽花が咲いて、
たっぷりと目を楽しませてくれていましたが、
少しずつ首を垂れはじめ
季節の移ろいを感じます。

D52893F3-3094-4F2C-8945-E8CB0821D590.jpeg

一昨日は、梅雨の晴れ間に
気の早い蝉が鳴きはじめてびっくり!
絵を描きながら耳を傾け...
何ともたどたどしい愛らしい鳴き聲に
クスッと笑ってしまいました^_^

自然は、いつも圧倒的に美しくてのびやかで
そして表情豊かでユニークで癒されます。
こういう一瞬も同じものなどひとつもなく
一期一会だと思うとしみじみ...

あと、10日もしたらスカ〜ッとした
抜けるような青空と入道雲が
目の前に広がっていると思うと、
夏を待つこのしっとりどんよりした感じも
妙に愛しく思えます♬

さぁ、小笠原の母島の折雅農園さんから届いた
愛情一杯の美味しいマンゴーをいただいたし、
今日も仕事と制作をがんばろ〜愉しもう!!

A6ABB26B-7D0C-4066-907D-38C9703E8F48.jpeg
posted by hanateru*はなてる at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のコト

2019年07月01日

しとしとと文月…

5DEB0298-A235-430D-BC7B-A1ED9349B756.jpeg
drawing by hanateru “ 雲がひらく ”

梅雨真っ只中ですが、
あっという間に7月になりました!!

街中に咲いている紫陽花が
雨露に打たれ首を垂れながら
晴れた日には一斉に太陽を仰ぎみる
凛とした姿に元気をもらっています。

702AE153-A2DE-4F2C-BC01-59CB401941A0.jpeg
大好きなアナベルリー

そして、気持ちがどんより沈んだ日には
美術館に足を運び、その姿勢や圧倒的な感性に触れ、
微力ながらも今後作家活動をしてゆくにあたり
思いを巡らし自分を鼓舞する日々を送っています。
ひとつひとつカタチにしてゆきます^_^

仕事のお知らせも徐々にUPしてゆきますね♬

posted by hanateru*はなてる at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 書画 にっき

2019年06月01日

水無月のはじまり


0A6A07C6-6372-4D1B-95EE-4348140CE892.jpeg
はなてる暦 2019/水無月

青い空と新緑の風景が広がる中、
紫陽花の蕾もふっくらと
色づきはじめました

いよいよ梅雨ですね

優しい雨音を聴きながら
字を書き 絵を描き
心静かに過ごしたいと思います

………………………

5月は、お稽古が一旦お休みとなり、
何だか気がポカ〜ンと抜けてしまい、
その上、10年ほど使っていた
相棒のMacちゃんも調子が悪くなったりで…
お教室の報告が書けませんでした。
ですが、後日必ずや詳細をアップしますので、
良かったら覗きに来てくださいね♬


posted by hanateru*はなてる at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 書画 にっき

2019年05月30日

バラナシの風景に祈りを…


DF5F9CB7-F7A9-4263-AE51-DF21E3ED2190.jpeg

インドに住む友人が送ってくれた
バラナシの水辺の風景

ガンジス河は全てを飲み込み
浄めてくれる母なる河だそう

目を閉じて悠久の流れに
身をまかせてみる
宇宙からみたら人間なんて
蟻の如き小さな存在
なのに日々、仕事に情熱を注ぎ
あれやこれやと思いを巡らし
様々な出来事に一喜一憂しながらも
毎日食べて寝るの繰り返し

人間だって自然の一部のはずなのに
つくづく複雑で厄介…
不思議な生き物だと感じる、

でも、肩を落とし頭を抱えて
眠りについた夜の先には
いつだって鳥のさえずりと
光満ちた朝が迎えてくれて

またがんばろう
今を大切に素直に過ごそう
と元気を取り戻す

それぞれに与えられた人生を
心健やかにのびやかに優しく歩んでゆけたら
どれだけ世界は平和で
幸福なんだろう

はぁ、どんな時も自分を信じ
光に目を向けてすすんでゆきたい


ふと、数年前に夢中で読んだ、
遠藤周作氏の “ 深い河 ” を思い出す

今読んだら感じ方が違う気がする…
また読み返してみようかな。


posted by hanateru*はなてる at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のコト