HOMEへ戻る

2020年07月03日

姉の誕生日に画の贈り物を…


2886B62B-840D-48BA-9A9B-9EFB7468D840.jpeg
“ 横顔の記憶 -silhouette memory- ”

私の2つ違いの姉の誕生日に
小さな横顔の作品を贈りました。

幼い頃から工作や絵ばかり描いて
妄想に耽るふわふわしている私と違い、
地にどし〜んと足が着いていて、
ダイナミックでしっかり者の優しい姉には、
私はいつも甘えてばかりでした。

しかも、姉の字は大人っぽくて
とても綺麗だったので、
我が家では専ら “ 書は姉、画は私の担当 ”
といった感じだったのです!

その頃は、自分がこんなにも書に支えられ、
関わって生きてゆくなんて
想像もしていませんでしたが、
こうして長年続けて来られたのは、
支えてくれた両親や字の上手だった姉、
2人の尊敬する師匠である
栗田花舟先生と作田英嗣先生、
そして良き仲間のお陰だなぁ〜なんて
つくづく感じます。感謝


そんな達筆だった姉は
2人の子供を育てながら
そのセンスと技を活かし書道の先生をし
沢山の可愛い生徒さんを抱え教えています。

ふわふわしていた私も様々な経験を重ね
少しは成長したかな〜とは感じてはいますが、
姉のグランディングの強さと技には未だ及ばず…
ですが、私は私なりの歩みと表現で
作家活動を続けてゆくつもりです^_^

これからも共に健やかに歳を重ね…
誕生の日をお祝いし合える佳き姉妹、
そして書の仲間でありたいと思います♪♪

posted by hanateru*はなてる at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 書画 にっき
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187659784

この記事へのトラックバック