HOMEへ戻る

2018年08月07日

 ikanika教室@自由が丘:2018-8/5,19(日) のご案内と先月の模様


 image.jpg
                      photo by hanateru “ ikanika の しつらえ ”


 毎月 第1(日) and 第3(日) に開催 (月1回コース)

 日 時 : 第2(日) class 8/ 5( 日 ) 10:00 - 12:00 空席2
     : 第3(日) class 8/19( 日 ) 10:00 - 12:00 満席
 費 用 : 4000円/回 ( 1drink 付 )
 持ち物 : 書道道具がある方はお持ち下さい。
       汚れても差し支えのない服装で入らしてください。
       ( 硯・下敷き・文鎮はこちらでご用意があります )
 定 員 : 8名位まで

  道具をお持ちで無い方には...
  書道キットを別途 4000円程にてご用意しております。
  ( 7点SET:筆/小筆/ペン/墨/墨汁/半紙/収納ケース )
  ▷道具の有無は準備の関係上、必ずお申し込みの際にお知らせ下さい。

 「お名前・ご住所・連絡先・道具の有無」を明記の上
  cafe ikanika までお申し込み下さい。コチラ →  
  ご質問などは... はなてる までご連絡を。

 【 今後のスケジュール予告 】
  □ 9月は、ikanikaさんのイベントのご都合により第1and5週の
    2(日) and 30(日)に変更して開催します。( お月様をテーマに ) 
  □ 10月は通常通りの、7(日) and 21(日)を予定しています。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 先月 の ご報告 ::::::::::::::::::::::::

 7月は、毎年恒例の“ 般若心経の写経 ” を♬

 毎年この時期には般若心経の写経か、それに匹敵する詩を書いて頂きます。
 どちらも私がお手本を書き、皆さんにはそれを写したり見て書いて貰うのですが、
 その際に、般若心経の276文字と向き合うといつも…
 悠久なる時を経て私達の元に届けられた、この尊きメッセージと歴史に想いを馳せ、
 文字を綴る静寂の時の中に深淵なる安らぎと、感動を覚えます。
 
 年々、そんな想いが私の中で育まれてゆき、今年は更に般若心経に込められた
 言葉の意味や教えや響き、そしてエピソードなどを調べて皆さんにお伝えしました。

 般若心経は元々、インドのサンスクリット語で書かれた
 この世で生きる人達に智慧と教えを説いた、とてもあたたかな宇宙思想です。 
 16年という歳月をその壮絶なタクラマカン砂漠や険しい山脈を越えてインドへ渡り、
 仏跡巡礼と仏教研究と、そして経典の翻訳に人生を捧げた、玄奘三蔵法師の物語。
 その揺るぎない信念と知性と、偉業の大きさに… 気が遠くなるばかりです。

 色即是空空即是色 ( 色…物質、肉体、空…実体がないもの )
 カタチあるものや今ある感覚さへも いつかは移ろい変化して消えて無くなる。
 人を救う為に生きることこそが人生の修行であり、それがいつか自分の為になる。
 心を覆わず恐れを捨てて今を生きることこそが、この世を生きる最大の智慧である。
 ( 文献や様々な資料を拝読した上での、ザクッとした私なりの解釈です)

 そんな壮大なエピソードやメッセージをお伝えしつつ…
 感謝と祈りを込めて認めてもらいました。

 image.jpg
 詩の方は、昨年に続き… 長田弘さんの作品を “ 花たちと話す方法 ”


【 第1(日) class の lesson の模様 】

 image.jpg

 image.jpg

 写経をすることにより、免疫力が上がり内臓の働きにも大脳にも
 良い効果があるということが医学的にも立証されているそうですよ♬
 

【 第3(日) class の lesson の模様 】

 image.jpg

 image.jpg

 image.jpg

 お願い事を書いてもいいですし、お盆を控えていますので、
 ご先祖様のお盆のご供養や、大切な故人を偲んで書くのもおすすめしています。

 皆さんとの心地よいひと時に感謝しています。
 今月も沢山のご参加を、本当にありがとうございました。


 毎月、季節に応じたテーマで書に触れ親しんで頂いてます。
 ご興味のある方は、是非一度体験しにいらしてくださいね♪♪
posted by hanateru*はなてる at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ikanika 教室
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184135108

この記事へのトラックバック