HOMEへ戻る

2018年08月09日

 ko'da-style(STUDY)教室@葉山:2018-8/4,18(土) のご案内と先月のご報告


 image.jpg
                    photo by hanateru “ Hello! Ko'da-style(^-^)/ ”

 毎月/第1 and 第3(土) に開催 ( 基本月2回コース/お月謝制 )
 ( 欠席時は、他教室に空席があれば振替可能 )

 日 時 : 8/ 4( 土 ) 9:00〜11:30 ( 2.5h:月毎の課題 ) 満 席
     : 8/18( 土 ) 14:00〜16:30 ( 2.5h:月毎の課題 ) 空席1
 費 用 : 月2回 ( 高校生〜一般 ) 7000円 ( テキスト代の600円込 )
       月2回 ( 中学生まで )  5600円 (     〃      )
       月1回 ( 特別枠 )    4000円 ( 毎月の課題2点の提出料込 )
 対 象 : 初心者 〜
 持ち物 : 書道道具がある方はお持ち下さいませ。
      ( 硯・下敷き・文鎮はこちらでご用意があります )
 定 員 : 4名

  道具をお持ちで無い方には...
  書道キットを別途 4000円程にてご用意しております。
  ( 7点SET:筆/小筆/ペン/墨/墨汁/半紙/収納ケース )
  ▷道具の有無は準備の関係上、必ずお申し込みの際にお知らせ下さい。

 お申し込みは「お名前・ご住所・連絡先・道具の有無」を
 明記の上 ... はなてる宛 にご連絡下さい。
 http://koda-style.net/shop/3days-shop/ (←mapはコチラ)

【 今後 の スケジュール:毎月 第1 and 第3(土) 開催 】
  9/ 1 (土)  9:30−12:00
  9/15 (土) 14:00−16:30
 10/ 6 (土)  9:30−12:00
 10/20 (土) 14:00−16:30
 11/ 3 (土)  9:30−11:00
 11/24 (土) 14:00−16:30 →第4に変更


 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 先月のお稽古の模様 ::::::::::::::

 7月は、毎年恒例の“ 般若心経の写経 ” と月毎の課題を♬

 毎年この時期には般若心経の写経か、それに匹敵する詩を書いて頂きます。
 どちらも私がお手本を書き、皆さんにはそれを写したり見て書いて貰うのですが、
 その際に、般若心経の276文字と向き合うといつも…
 悠久なる時を経て私達の元に届けられた、この尊きメッセージと歴史に想いを馳せ、
 文字を綴る静寂の時の中に深淵なる安らぎと、感動を覚えます。
 
 年々、そんな想いが私の中で育まれてゆき、今年は更に般若心経に込められた
 言葉の意味や教えや響き、そしてエピソードなどを調べて皆さんにお伝えしました。

 般若心経は元々、インドのサンスクリット語で書かれた
 この世で生きる人達に智慧と教えを説いた、とてもあたたかな宇宙思想です。 
 16年という歳月をその壮絶なタクラマカン砂漠や険しい山脈を越えてインドへ渡り、
 仏跡巡礼と仏教研究と、そして経典の翻訳に人生を捧げた、玄奘三蔵法師の物語。
 その揺るぎない信念と知性と、偉業の大きさに… 気が遠くなるばかりです。

 色即是空空即是色 ( 色…物質、肉体、空…実体がないもの )
 カタチあるものや今ある感覚さへも いつかは移ろい変化して消えて無くなる。
 人を救う為に生きることこそが人生の修行であり、それがいつか自分の為になる。
 心を覆わず恐れを捨てて今を生きることこそが、この世を生きる最大の智慧である。
 ( 文献や様々な資料を拝読した上での、ザクッとした私なりの解釈です)

 そんな壮大なエピソードやメッセージをお伝えしつつ…
 感謝と祈りを込めて認めてもらいました。


【 第1週目 7/14(土) のlesson 】

 この日は、月毎の課題を練習して貰いました♬

 image.jpg

 image.jpg
 今月も骨組みしっかりと伸びやかに書けています(^_^)/

 image.jpg
 手作りのお菓子や友人に頂いたつくば土産でティータイム〜ご馳走様でした(^-^)/


【 第3週目 7/21(土) のlesson 】

 この日は、高校生以上は写経を、小学生は月毎の課題の復習を♬

 image.jpg
 高校1年生の生徒さんの写経にみんなうっとり。見事な集中力でした〜☆

 image.jpg
 大人も学生さんも、心のこもった魅力的な作品が完成!

 image.jpg
 いつも手作りのおやつや差し入れを本当にありがとうございます♡
 

 夏本番となり、逗子・葉山の浜辺の景色も沢山の方で賑わっていますよ♪♪
 書にご興味のある方は散策がてら、是非一度入らしてくださいね(^-^)/
posted by hanateru*はなてる at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Study 教室

 朝の逗子教室@サクラヤマパーラー:2018-8/18(土) のご案内とご報告


 image.jpg
                     photo by hanateru “ サクラヤマパーラー♡ ”

 ::: 毎月 第3(土) に開催 ( 月1回コース/お月謝制 ) ::: 
  ( 欠席時は、他教室に空席があれば翌々月まで振替可能 )
 
 日 時:8/18( 土 ) 10:00 - 12:00  満席
     ☆臨時振替Lesson→8/25(土) 9:30 - 11:30 他教室の方も参加可!   
 費 用:▷通常は...3500円/回 ( 1drink・資料代を含む ) 
 持ち物:▷通常のお稽古の際は、書道道具がある方はお持ち下さいませ。
     初回は、体験レッスンでお道具は全てレンタル可能です。   
 場 所:https://www.facebook.com/sakurayama.p/
     葉山行き・海周り12番のバス通り沿い、
     渚橋手前・レッドロブスターの駐車場斜め向かい、
     蘆花記念公園に行く道を入り左側2軒目の赤い扉がお店です。
 定 員 : 8名まで

  道具をお持ちで無い方には...
  書道基本キット(11点SET)を別途 5,400円程にてご用意しております。
  ( 硯/下敷き/文鎮/筆/小筆/墨/墨汁/半紙/硬筆用紙/pen/case )
  ▷道具の有無は準備の関係上、必ずお申し込みの際にお知らせ下さい。

 お申し込みは「お名前・ご住所・連絡先・道具の有無」を
 明記の上 ... はなてる宛 にご連絡下さい。

 今後 の スケジュール:毎月 第3(土) 開催    
 ・ 9/15 (土) 10:00−12:00
 ・10/20 (土) 10:00−12:00    
 ・11/17 (土) 10:00−12:00
 ・12/22 (土) 10:00−12:00

 ........................................................... 先月のレッスンの模様 .....................

 7月は、毎年恒例の“ 般若心経の写経 ” を♬

 毎年この時期には般若心経の写経か、それに匹敵する詩を書いて頂きます。
 どちらも私がお手本を書き、皆さんにはそれを写したり見て書いて貰うのですが、
 その際に、般若心経の276文字と向き合うといつも…
 悠久なる時を経て私達の元に届けられた、この尊きメッセージと歴史に想いを馳せ、
 文字を綴る静寂の時の中に深淵なる安らぎと、感動を覚えます。
 
 年々、そんな想いが私の中で育まれてゆき、今年は更に般若心経に込められた
 言葉の意味や教えや響き、そしてエピソードなどを調べて皆さんにお伝えしました。

 般若心経は元々、インドのサンスクリット語で書かれた
 この世で生きる人達に智慧と教えを説いた、とてもあたたかな宇宙思想です。 
 16年という歳月をその壮絶なタクラマカン砂漠や険しい山脈を越えてインドへ渡り、
 仏跡巡礼と仏教研究と、そして経典の翻訳に人生を捧げた、玄奘三蔵法師の物語。
 その揺るぎない信念と知性と、偉業の大きさに… 気が遠くなるばかりです。

 色即是空空即是色 ( 色…物質、肉体、空…実体がないもの )
 カタチあるものや今ある感覚さへも いつかは移ろい変化して消えて無くなる。
 人を救う為に生きることこそが人生の修行であり、それがいつか自分の為になる。
 心を覆わず恐れを捨てて今を生きることこそが、この世を生きる最大の智慧である。
 ( 文献や様々な資料を拝読した上での、ザクッとした私なりの解釈です)

 そんな壮大なエピソードやメッセージをお伝えしつつ…
 感謝と祈りを込めて認めてもらいました。

 image.jpg
 詩の方は、昨年に続き… 長田弘さんの作品を “ 花たちと話す方法 ”

 image.jpg
 時間がかかった方は昨年よりも少し早く、早かった方はじっくりゆっくりに♬

 image.jpg
 魂のこもった美しい般若心経が、完成しました。

 
 書の基礎 (硬筆・仮名・毛筆) もしっかりと学んで頂きながら
 日常に活かせる創作や遊びの書も楽しんでいただけるクラスです。
 ご興味のある方は是非一度入らしてくださいね(^-^)/
posted by hanateru*はなてる at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | サクラヤマパーラー 教室